ヘッダ
トウバナ1


トウバナ (シソ科)  花期:5〜8月

高さ10〜30cmほどの小さな多年草です。
湿り気を好むため、田んぼのあぜ道などによく生育します。
花が塔のように立つことからこの名前がありますが、花の大きさは5mmほどしかなく、足元をよく見ないと咲いていることに気づきません。
背が低く、固まって生えるので知らないうちに踏みつけてしまうことも多いでしょう。
しかし、そのような過酷な事態にもよく耐えることが出来るのが小さな植物の強みでもあります。
オオイヌノフグリカタバミなどと一緒に生えて咲くこともよくあります。春の地面を彩ってくれる野草の1つといえるでしょう。
7号路で見られます。


トウバナ2

湿気のあるところに固まって生えます

トウバナ3

花は輪のように付きますが、とても小さいです

トウバナ4

淡い紫の花が咲きます


植物リストへ戻る