ヘッダ
サジガンクビソウ1


サジガンクビソウ (キク科)  花期:7〜10月

同じ仲間のガンクビソウによく似た植物ですが、本種はガンクビソウに比べて細くひょろ長い茎をしています。 首をもたげるような花の付き方をする点は同じです。
茎は細かい毛に覆われているので、光の当たり方によっては白っぽく見えます。
花の付き方がキセルの雁首に似ているという部分はガンクビソウと同様ですが、サジとは『匙』であり、根上葉がこの匙に似ていることから来ています。
キク科の中ではあまり目立たない花をしています。これは筒状花といって、アザミの仲間などによく見られる形です。
茎は高さ25〜50cm程ですが、枝分かれが多く、花もたくさんつきます。やや乾いた場所を好むとされています。
6号路で見られます。


サジガンクビソウ2

花の色は濃紫色になります

サジガンクビソウ3

実(袋果)を2個付けるのが特徴です

サジガンクビソウ4

綿毛は風に乗って遠くへ飛びます


植物リストへ戻る