ヘッダ
オオカモメヅル1


オオカモメヅル (ガガイモ科)  花期:7〜9月

コバノカモメヅル同様、他の植物に絡みついて長く伸びるつる性の多年草です。
対生する葉がカモメの飛翔を思わせる形なのでこの名がつけられました。
コバノカモメヅルは細くきれいな星形の花をつけますが、オオカモメヅルはやや幅広く微毛に覆われています。
また、コバノカモメヅルは1つの花に1つの実しかつけませんが、オオカモメヅルは2つ付けます。
つる植物は草刈りの対象になってしまうので、なかなか実や綿毛を見ることが出来ません。
当公園でもそれほど個体数の多くないつる植物になります。
2号路林内に見られます。


オオカモメヅル2

花の色は濃紫色になります

オオカモメヅル3

実(袋果)を2個付けるのが特徴です

オオカモメヅル4

綿毛は風に乗って遠くへ飛びます


植物リストへ戻る