ヘッダ
オオバノトンボソウ1


オオバノトンボソウ (ラン科)  花期:6〜7月

林の中や半日陰になる林縁に生育する多年草ですが、当公園では限られた場所に数株しか見られない貴重な植物です。
トンボソウという名前は花の姿を昆虫のトンボに見立てられて名付けられたものですが、 小さく(1cmほど)色が茎とほぼ同じなため、近づかないと咲いていることに気付きにくいでしょう。
下葉は3枚ほど大きく広がり、照りがあってランの葉だとよくわかる形をしています。
3号路入り口付近に数株見られます。


オオバノトンボソウ2

下葉は10cmを越えるくらい大きくなります

オオバノトンボソウ3

花は穂状に付きます

オオバノトンボソウ4

不思議な形をしています


植物リストへ戻る