ヘッダ
オオバギボウシ1


オオバギボウシ (ユリ科)  花期:6〜8月

オオバギボウシという名前より、山菜の『ウルイ』という名の方が知名度があると思われるのが本種です。
過去に本種とトウギボウシを別種としてみていましたが、現在では同一のものとされたため、図鑑などでは表記が違うことがあります。
名前の通り、大きな葉をしていますが、株全体が大きいので春先のまだ下草が生えきらない頃には遠目でもよく目立ちます。
夏に50cm〜1mにもなる長くて太い花茎を斜めに出し、鈴なりに白〜淡紫色の花をつけます。
当公園で大型になるユリの仲間は、ヤマユリとオオウバユリがありますが、オオバギボウシも負けず劣らず大きくなります。
似た仲間に葉の小さいコバギボウシとウルイと間違えて中毒になるバイケイソウがありますが、当公園では確認されていません。
山菜利用には十分ご注意ください。
林内全体に広く生育しています。


オオバギボウシ2

芽出しの頃で、山菜の『ウルイ』と呼ばれます

オオバギボウシ3

苞が開いて咲いているように見えますが、これは開花前です

オオバギボウシ4

下から順々に開花していきます


植物リストへ戻る