ヘッダ
ムラサキニガナ1


ムラサキニガナ (キク科)  花期:6〜8月

同じ仲間のヤマニガナによく似た植物ですが、こちらは日陰を好むため、山や林の縁でよく見られます。
背たけは1mを越えるほど大きいものもありますが、茎は細く、花も小さいので大きさの割に頼りない感じが漂っています。
葉は茎の下部にまとまって付き、大きいものでは20cmを越えることもあります。
三角形で不規則に切れ込みが入る葉なので、花がない時でも存在感があります。
花は1cmほどと小さいですが、きれいな紫色をしています。花の形はニガナと似ていますが、ニガナとは別属の植物です。
花が咲き終わると、タンポポのような綿毛の付いた種子をつけます。
3号路・6号路で見られます。


ムラサキニガナ2

花が咲く前の姿

ムラサキニガナ3

葉の大きさに比べて、茎はひょろ長くなります

ムラサキニガナ4

花は下向きに付きます。きれいな紫色です


植物リストへ戻る