ヘッダ
ヘビイチゴ1


ヘビイチゴ (バラ科)  花期:4〜5月

当公園には何種類かの野イチゴが生育していますが、その中でも成長力の強いものが本種です。
野イチゴは白い花をつけるものが多いですが、ヘビイチゴは黄色の花をつけます。
よくヘビイチゴの実は有毒といわれますが、味が悪いだけで毒はありません。
しかし、野イチゴは美味しいというイメージを覆してしまうので、黄色い花のイチゴは手を出さない方が良いでしょう。
また、美味しく食べられる野イチゴは『キイチゴ(木苺)属』のものがほとんどで、低木になりますが、ヘビイチゴは草本(多年草)です。
木苺にはトゲがありますが、ヘビイチゴはほとんどトゲがありません。
名前の由来は蛇の出そうなところに生えるから、茎を蛇のように伸ばすからなどといわれています。
芝生広場沿い・4号路や5号路で見られます。


ヘビイチゴ2

黄色の花はキジムシロミツバツチグリにも似ています

ヘビイチゴ3

美味しそうな実ですが、味は良くありません

ヘビイチゴ4

実に光沢が無いという特徴もあります


植物リストへ戻る