ヘッダ
ハエドクソウ1


ハエドクソウ (ハエドクソウ科)  花期:7〜9月

なかなか恐ろしい名前をしていますが、実際にこの植物からハエの幼虫である『ウジ』を退治したり、 ハエ取り紙に利用できる成分を得たことからこの名前があります。
ヒトにも有毒ですので注意が必要です。
花は4mmほどと非常に小さく、下から上に向かって次々に咲いていきます。
花が咲いた後は、がくが下向きになりイノコズチに似た果実を付けます。
この植物は『ひっつき虫』の仲間で、森や林を歩き回ると、服やズボンに種子がびっしり付いてしまいます。
茎が細長く、付いている種子まで細長く見つけにくいため、気が付いたら付着していたということもよくあります。
散策路には生えていませんが、林内にはふつうに見られるため、入るときはご注意ください。
8号路沿いで見られます。


ハエドクソウ2

鋸歯が鋭い葉

ハエドクソウ3

茎は細く長く伸びる

ハエドクソウ4

白く小さい花。下のがくはすでに寝ています


植物リストへ戻る