ヘッダ
コバノカモメヅル1


コバノカモメヅル (ガガイモ科)  花期:7〜9月

日当たりの良い草地や湿地などに、他の植物に絡みついて生育するつる性の多年草です。
対生する葉の見た目がカモメの飛翔を思わせる形なのでこの名が付きました。
花は1cmほどでとても小さいですが、赤紫色できれいな星形をしています。
晩秋から冬になると、太い針のような実から綿毛の付いた種を飛ばします。
非常に軽く、柔らかい繊維で風に乗って遠くまで飛び、種を運ぶことが出来ます。
肌触りの良い、光沢のある美しい綿毛ですので、花だけでなく実の観賞価値も十分あります。
2号路尾根で見られます。


コバノカモメヅル2

花の色には個体差があります

コバノカモメヅル3

白花の個体は『アズマカモメヅル』かもしれません

コバノカモメヅル4

つるが枯れてくる頃に種が飛んでいきます


植物リストへ戻る