ヘッダ
センブリ1


センブリ (リンドウ科)  花期:10〜11月

山や野の乾いた草地や土手などに多い草です。
この草は胃の薬として有名で、全草に苦味があり千回振り出してもなお苦いということで、「千振り」の名があります。 振り出すとは、草を熱湯の中にしばらく浸すことです。
最近では自生するものが非常に少なくなっていて、当公園にも自生しておりますが極く僅かしかありません。
センブリの薬効を試してみたいとか、あるいはセンブリの薬効を頼りにしているので採って帰りたいという気持ちもわかりますが、 この可憐な花を自然のまま残し、鑑賞だけにしていただくことを是非お願い致します。
3号路頂上に見られます。


センブリ2

晩秋に咲く小さな草

センブリ3

小さな花

センブリ4

果実


植物リストへ戻る