ヘッダ
クズ1


クズ (マメ科)  花期:9〜10月

我が国の日当たりのよいいたるところの土地に自生する蔓性多年生草本で、秋の七草のひとつでもあります。
根は肥大して地中に深く張っており、茎は褐色毛におおわれ盛んに伸びます。
初秋に葉腋からのびた花軸に赤紫色でマメ科特有の花を総状花序につけます。
花は下から順に咲いては朽ちていくので、大きな花序全体のきれいに花が咲いている様子は見ることができません。
果実はサヤとなり粗い褐色毛でおおわれています。
クズの名の由来は、大和の国吉野郡国栖(クズ)の地名関連するとされています。
根からはデンプンを取り、くず粉として広く利用されていることでは有名です。
公園前の市道沿いの林中に見られます。


クズ2

春の姿

クズ3

下から順番に咲いている

クズ4

褐色毛におおわれた果実


植物リストへ戻る