ヘッダ
オケラ1


オケラ (キク科)  花期:9〜10月

日当たりのよい草地に生える植物です。
葉はかたくて縁に小さいとげ状の鋸歯があり、付け根には托葉が変化したトゲが数対あってさわると痛いので注意してください。
花は白色から淡いピンク色の筒状花だけで舌状花はありません。
花の下の苞葉は、魚の骨がからみ合ったような、あるいはシュロの木の回りにある繊維状のもので編んだような形になっていて、 ちょっと変わっていあるのでよく観察してみてください。
若芽は山菜として広く利用され「山でうまいはオケラにトトキ(ツリガネニンジンのこと)、 嫁にやるのもおしゅうござる」といわれているほど有名です。
2号頂上ベンチ横に見られます。


オケラ2

春の姿

オケラ3

花のアップ

オケラ4

冬の姿


植物リストへ戻る