ヘッダ
イヌショウマ1


イヌショウマ (キンポウゲ科)  花期:9〜10月

「サラシナショウマと同じような環境に自生し、深山の木陰を好む」とありますが、 当公園では深山とはいえない普通の里山の明るい林床に自生しています。
遠目には「サラシナショウマ」と見間違えてもおかしくないくらいよく似ていますが、 近くでよく見ると、葉は2回3出複葉で9小葉であり、花には柄がなく花茎に直接花がついています。
花の色や花の形はよく似ていて、花弁は早期に落ちて雄しべだけが目立っています。
背が高いので周囲の草などに負けず、花がその上に真白く浮き出して見えるのでよくわかります。
5号路沿いの林内に見られます。


イヌショウマ2

春の姿

イヌショウマ3

花は柄がなく花茎に直接つく

イヌショウマ4

熟した種子


植物リストへ戻る