ヘッダ
ヒヨドリジョウゴ1


ヒヨドリジョウゴ (ナス科)  花期:7〜9月

丘陵地や山野に自生する蔓性の多年草で、茎の下部は木質化し、先だけがつる状になる植物です。
全体に細い軟毛が生えていて、花は白色ときに淡い紫色で直径1.5cmぐらい。10花前後がかたまりとなってつき、 花びらはうしろに反りかえり、ちょっとしゃれた形が野草愛好家たちに人気があるようです。
黄色く見える部分は花粉が入っている葯で、その真中から雌しべが突出しています。
果実は熟すと真っ赤になり、その実をヒヨドリが好んで食べることから「鵯上戸(ひよどりじょうご)」の名がつきました。
しかし、この植物は有毒植物の一つとされていますので、おいしそうに熟した赤い実でも食べないようにしてください。
散策路沿いに見られます。


ヒヨドリジョウゴ2

反り返った花びら

ヒヨドリジョウゴ3

細い軟毛がいっぱい

ヒヨドリジョウゴ4

きれいに熟した果実


植物リストへ戻る