ヘッダ
ヒメヤブラン1


ヒメヤブラン (ユリ科)  花期:7〜8月

日のあたる野原の草地や芝地などに多く自生する多年草です。
葉は細くやわらかく、花は伸びた花茎のいただきに数個の淡い紫の花が平に開いて、斜め上を向いて咲くのが特徴です。
仲間の「コヤブラン」や「ジャノヒゲ」などの花は半開きで色も異なり、やや下向きに咲くので区別できます。
色は似ていますが、「ヤブラン」の花は長い穂になることや、かなり大型の草であることとさらに林内に多いことなどで区別は容易です。
名前の由来は、葉の鞘の模様がマムシの模様ににているから、とか仏炎苞の様子がマムシが鎌首をもたげている様子にみたてて等が一般的のようです。
この仲間はユリ科ではあってもユリのような鱗茎にはなりません。ヒメヤブランは根茎が地中をランナーとなって繁殖します。
1号路に見られますが数は少ない。


ヒメヤブラン2

ランナーがわかりますか?

ヒメヤブラン3

やや上向きに咲いてます

ヒメヤブラン4

平らに開いた淡い紫色の花


植物リストへ戻る