ヘッダ
ホウチャクソウ1


ホウチャクソウ (ユリ科)  花期:4〜5月

山林の日陰地などに群落をつくることが結構多いユリ科の多年草であり、根茎で繁殖するためその傾向が強いといえます。
芽出しの頃は山菜として利用される「ナルコユリ」や「アマドコロ」と非常によく似ているため、間違えて食べてしまい、中毒を起こした例があります。
食べた後下痢や、嘔吐などをひきおこし、場合によっては心臓の機能に障害を起こしたりすることもあるそうです。
つまり、ホウチャクソウは全草が有毒植物の一つなのです。
従って「ナルコユリ」や「アマドコロ」を山菜として利用したいと考えている人はホウチャクソウとの違いをしっかりと勉強して覚えてください。
ホウチャクは「宝鐸」と書き、五重ノ塔などの屋根につり下がっている風鈴のようなものをいい、これに花の形が似ていることから名づけられました。
5号路沿いに見られます。


ホウチャクソウ2

この芽が間違えやすいのです

ホウチャクソウ3

やわらかそうで食べてみたいな!だめです

ホウチャクソウ4

1ヶだけ食べてみようかな!だめです


植物リストへ戻る