ヘッダ
ネジバナ1


ネジバナ (ラン科)  花期:5〜7月

ランの中ではもっとも身近にあるもので、野の草地や公園の芝地のなかなどに多く生える多年草です。
まっすぐに伸びた茎の上方1/2ぐらいにラセン状に淡いピンクの小花をたくさんつけます。
このラセン状にねじれた形に花をつける姿から「ネジバナ」と名付けられました。別名「モジズリ」ともいいます。
この「モジズリ(捩摺)」は百人一首にも詠まれている「信夫捩摺(シノブモジズリ)」に基づくものといわれています。

みちのくの信夫捩摺誰ゆゑに
みだれ染めにしわれならなくに

信夫捩摺は福島県信夫郡(しのぶごうり)から産したネジバナを摺り染めた乱れ模様の布のことだそうです。
園内の芝生地に見られます(少し)。


ネジバナ2

花茎の立つ前の姿

ネジバナ3


ネジバナ4

きれいにねじれた様子


植物リストへ戻る