ヘッダ
ニガナ1


ニガナ (キク科)  花期:5〜7月

山の草原にも、農村の道端にも多い多年草です。
キク科の野草は食べられるものが多いそうです。味はみなフキのようなほろ苦さがありますが、 本種は特に苦味が強いので「ニガ菜(苦菜)」の名がつけられています。
春も少し遅くなったころから咲きはじめます。根性葉には葉柄がありますが、立ち上がった茎につく葉には柄がなく基部で茎を抱きます。
茎は数個の枝を分けその先に13mmぐらいの頭花をつけます。普通5〜7ヶの舌状花からなりますが、 頭花がやや大きくて8〜10花よりなるものを「オオバナニガナ」とよびます。
3号路・7号路に見られます。


ニガナ2

根性葉

ニガナ3

ニガナ

ニガナ4

オオバナニガナ


植物リストへ戻る