ヘッダ
オオジシバリ1


オオジシバリ (キク科)  花期:4〜6月

田の畦や道端にごく普通に生える多年草で、枝を分けながら地をはいまわり、多くの葉とともにところどころに直立した花茎を立てます。
花茎は10〜30cmで、普通は枝を分けて1〜5ヶの頭花をつけ、花茎には1葉をつけることも、葉をつけないこともあります。
頭花は2.5〜3cmで鮮黄色、ジシバリに似ていますが、名前の通り全体的に大型です。
公園で見られるものは山の高い比較的かわいたところにあります。 一般的には、もうちょっと湿ったところを好む種であるものといわれていますが、間違いないと思います。
三号路の上の方に見られます。


オオジシバリ2


オオジシバリ3


オオジシバリ4

果実は風で飛ばされていきます


植物リストへ戻る