ヘッダ
ツユクサ1


ツユクサ (ツユクサ科)  花期:6〜9月

いたるところのやや湿った道端や、荒れ地などの多く自生します。
花弁は3枚で、ミッキーマウスの顔のように配置されていて、下の花弁は1枚で無色で小さく目立ちません。 上の2枚は大きく美しいブルーで大変目立ちます。この2枚の花弁のブルーと雄しべの黄色がすばらしくマッチした彩りだと思います。
この黄色い雄しべには秘密があって、全部で6本ありますが、役に立つのは前に突き出た2本だけで、残りの4本は完全に装飾にすぎないのだそうです。
早朝に咲いて夜にはしぼんでしまう、たった1日だけの花です。
「アオバナ」「アイバナ」「ウツシバナ」などの別名があります。
前の白い花はセンニンソウです。
散策路沿いで見られます。


ツユクサ2
ツユクサ3
ツユクサ4


前に突き出た雄しベは、ぐるぐると回って葯に触れ受粉するそうです。こんな不思議な1日花の秘密もあります。


植物リストへ戻る