ヘッダ
スミレ1


スミレ (スミレ科)  花期:3〜5月

日本を代表するスミレの一つになっているタチツボスミレ(上の写真)。誰からも親しまれているスミレの仲間は日本には50種ほど自生していて、 亜種・変種までいれるとその4〜5倍はあるそうです。
いくら親しまれている花でもこれだけの種類があるとなれば名前を覚えるだけでも気が遠くなりそうだし、 ましてやその区別をするとなると気が狂いそうになってしまうくらいに大変なことです。
当公園の散策路沿いや山中の林床に沢山のスミレが咲きます、これは何だ?あれは何だ?と楽しみながら観賞して下さい。
スミレの言葉の意味は、花の形が大工さんの使う墨つぼに似ているので「墨入れ」に由来するそうです。
園内遊歩道沿いで見られます。


スミレ2

ノジスミレ

スミレ3

コスミレ

スミレ4

ニョイスミレ


植物リストへ戻る