ヘッダ
サラシナショウマ1


サラシナショウマ (キンポウゲ科)  花期:9〜10月

山の木陰に生える多年草です。高さ120pぐらいになる大型で、花穂は30pぐらいの長さになり、 ほぼ垂直に立てて小さい花を無数にびっしりとつけます。
その小さい花には1p前後の花柄があります。サラシナショウマに似た花で公園にもあるイヌショウマの花にはこの花柄がありません。
また種が落ちたあとの枯れた花穂はサラシナショウマが白っぽく、イヌショウマは黒っぽい色になります。
升麻(ショウマ)は葉が麻ににていることからつけられた中国の薬用名で、葉を晒して食用にすることからサラシナと名付けられました。
多摩丘陵では限られたところでしか見ることが出来なくなった希少種だそうです。
3号路頂上の山中に有りますが、散策路からは目にすることはできません。


サラシナショウマ2

葉の様子を見た

サラシナショウマ3

花柄が見える

サラシナショウマ4

枯れた花穂


植物リストへ戻る