ヘッダ
ニリンソウ1


ニリンソウ (キンポウゲ科)  花期:4〜6月

落葉樹林の陰地でやや湿ったところに多く生育し、ときには大きな群落をつくります。
大地沢の青少年の家近辺では、谷あいの川の水際に大きな集団が点々とみられますが、当公園では小さな集団が1か所にだけ見ることができます。
花は春から初夏にかけて茎頂にある総苞葉の中心から普通2本の花柄が伸びて1ヶづつ順番に咲くのが特徴で、 花には花弁はなく白く大きく目立つのは愕片が花弁のように見えるのです。
普通2ヶづつ花を咲かせるので「2輪草」という。但し、1〜3ヶ、ときには5ヶも咲かせるのがあるといわれています。
「コモチバナ」「コモチグサ」「ソバッパ」など地方によって数多くの呼び名があります。
1号路・2号路・4号路の合流地点に見られます。


ニリンソウ2

二輪づつ咲く

ニリンソウ3

互いに咲く時期がずれる

ニリンソウ4

葉には白斑がある


植物リストへ戻る