ヘッダ
サイハイラン1


サイハイラン (ラン科)  花期:5〜6月

疎林の林床に生えるランの仲間で、たった1枚の葉から30cm位の花茎が立ち多くの花が片側に偏ってつきます。 その様子を昔の武将が合戦で指揮をとったときに使った采配に見立てて名づけられました。
地下には球根(偽鱗茎という)があって、それをアイヌの人々は煮たり、生で食べたりしたそうです。
また、それを練って漆器の修理に使ったりもしたそうです。
公園の林内で見られますが数が少ないです。


サイハイラン2


サイハイラン3


サイハイラン4

冬も枯れない1枚の葉


植物リストへ戻る