ヘッダ
キジムシロ1


キジムシロ (バラ科)  花期:4〜7月

花を見ると「ヘビイチゴ」などと同じように見えますが、キジムシロの仲間にはイチゴ状の実ができないのが特徴です。
花が終わった後は葉がぐんと大きくなって別の種類のように育ってしまいます(ちょっとオーバーかも)、 スミレの仲間の多くがこれと同じような性質を持っています。
中心から葉と花の茎を四方に張り出し、状態のいいものは直径50cmにも広がり丸い座布団の形になります。 キジムシロの名はこの座布団に「キジが座るムシロ」に見立てたことのようです。
6号路及び多目的広場Tの上部の林縁に多く見られます。


キジムシロ2
キジムシロ3
キジムシロ4


ミツバツチグリによく似ていますが、葉が決定的に違います。先端の葉は3枚で同じでも、それより基部の方に2〜3対の葉があります


植物リストへ戻る