ヘッダ
オカタツナミソウ1


オカタツナミソウ (シソ科)  花期:5〜6月

丘陵地や低い山に自生します。花の色は青みの強い紫でタツナミソウのように長い穂状にならずに茎の先の方にかたまってつくのが特徴です。
この仲間は種も多くて区別が非常にむずかしく、写真の物も、もしかしたらオカタツナミソウではないかもしれません。 おわかりの方は是非ご連絡をお願い致します。
また、この仲間は春もやや遅くなってから咲くものが多いのでその時期には他の草類も背高く茂ってきますので、 山中では見つけにくいかもしれません。
タツナミソウの名は、長い花穂に咲いた花が一方向に向いている様子が、北斎の画にあるような波がしらに見立てて「立浪草」とされていて、 それが丘に生えるという意味でオカタツナミソウと言われているようです。
2号路の林中に見られます。


オカタツナミソウ2

群生しています

オカタツナミソウ3


オカタツナミソウ4

こんな感じです


植物リストへ戻る