ヘッダ
エゴノキ1


エゴノキ (エゴノキ科)  花期:4〜5月

八重桜がまだ散る前のころ、突然花が満開になってその存在を知ることが出来ます。
木全体が白い花におおわれている姿はみごとです。
淡いピンクの桜ほど人気はありませんが、山歩きの好きな人にとっては心を癒す一瞬ではないでしょうか。
古くは青い実をつぶして川に流し魚を麻痺させて捕獲するために使いました。(私自身も子供のころ経験しております) これは、果肉に含まれるサポニンという成分によるためですが、これ泡立つことで洗濯用洗剤として利用したとも言われています。
野鳥のヤマガラは熟した果実の殻を割って中の種を食べています。 晩秋から初冬にかけて山歩きをしている時「パチンパチン」という音を聞いたらヤマガラの仕業でしょう。
青い実を食べるとエグイので「エグイ木」から名づけられました。青い実は有毒です。
園内の林中全般で見られます。


エゴノキ2


エゴノキ3

8月の果実

エゴノキ4

11月に狂い咲き


植物リストへ戻る