ヘッダ





理事長 北島一夫

ようこそレスポアール相原のホームページへ!
私たちNPO法人レスポアール相原は相原中央公園を中心に活動を行っています。
指定管理者として公園運営にあたり、その活動方針として

1) 美しい公園を維持することにより自然を愛し、豊かな心を育成し、向上を図ります。
2) 里山の自然の恵みを活用した社会教育、動植物にふれあう事による自然の発見、出会い、自然を体験して親しみを膨らませて頂きます。
3) 公園利用者の安全確保、有効利用の推進を図り、子供たちの希望と夢が広がる運営。

以上の活動を行うに当たり町田市行政担当者と密なる連携を持って対応し、地域の人材を活用、多くの人々の意見や協力を活かし、市民に愛される管理運営、イベントの企画を実施し、希望と夢が湧く社会づくりに貢献いたします。


特定非営利活動法人レスポアール相原の軌跡
昭和50年(1975年)相原小学校増築のため、広場を借受け
昭和51年(1976年)広場の整備開始
昭和53年(1978年)地元子どもサッカークラブ発足
昭和54年(1979年)相原スポーツ広場に名称変更 町田市が土地の購入を開始
昭和57年(1982年)相原中央公園促進委員会が発足し、広場の拡大計画を検討
昭和58年(1983年)町田市と協議し、相原中央公園の規模を17ヘクタールとする計画決定 町田市が土地の購入を検討
平成11年(1999年)土地確保7割まで進み、促進委員会が公園全体の構想を検討
平成14年(2002年)町田市と促進委員会が公園全体の構想の打合せ 3年計画の決定
平成15年(2003年)公園工事開始
平成16年(2004年)グラウンド工事開始
平成17年4月16日(2005年)グラウンドオープン フェスタ100
平成18年4月15日テニスコートオープン
平成19年4月12日(2007年)広場2、芝生広場オープン
平成20年10月(2008年)相原中央公園建設促進委員会が解散し、レスポアールに引き継ぐ






相原中央公園・園長 井上春雄

相原中央公園【NPO法人レスポアール相原】のホームページへようこそ!
相原中央公園は地域市民の皆様を始め、行政の垣根を越えて相模原市・八王子市の市民の方々にも自然と施設をご利用頂き、健康作り・憩い・コミュニケーションの場として頂くよう、職員一同、環境作りに邁進しております。
特に当公園は東京都絶滅危惧種に指定されている植物や、多数の鳥類・動物が生息する自然に恵まれています。
公園のはずれには、古道・絹の道も残されており、散策に適した気持ちの良い丘陵公園です。
是非ご来園頂いて、自然の香りを楽しんでくださる様お願い申し上げます。


レスポアールの意味
『レスポアール』はフランス語です。
「espoir」、または「l'espoir」が正しい表現で、日本語の訳は「希望」を意味します。
私たちはこの相原の緑に包まれた自然の中で、夢と希望に溢れたひと時を過ごしていただきたいという気持ちを込めてこの名前を命名しました。


特定非営利活動法人レスポアール相原の基本情報はこちら